必須研修・
ステップアップ研修

概要

アドバンス助産師の申請には、必須研修とステップアップ研修の受講が必要です。
必須研修とステップアップ研修は、日本助産評価機構が承認し、『研修承認番号』を付与した研修を受講してください。また、必須研修「周産期のメンタルヘルス」、「新生児蘇生法(NCPR)」については、以下で指定する研修を受講してください。

必須研修「周産期のメンタルヘルス」

必須研修「周産期のメンタルヘルス」は、以下いずれかの研修を受講してください。

この他の研修は、2017年以前に実施されたものでも必須研修「周産期のメンタルヘルス」としては認められません。

必須研修「新生児蘇生法(NCPR)」

必須研修「新生児蘇生法(NCPR)」は、一般社団法人日本周産期・新生児医学会が運営する新生児蘇生法(NCPR)の講習会の該当コースを受講してください。

オンデマンド研修

必須研修とステップアップ研修は、すべてオンデマンド研修で受講が可能です(必須研修「新生児蘇生法(NCPR)の認定」とステップアップ研修「学術集会への参加」を除く)。
詳しくは、オンデマンド研修のページをご覧ください。

開催月別一覧

2017年1月2月3月 4月 5月 6月
7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

※ 一覧の「研修の種類」は、こちらをご参照ください。

研修承認番号がない必須研修・ステップアップ研修

以下の研修は、日本助産評価機構の研修承認番号がないものでも申請に有効です。

2017年以前の研修

2017年12月31日以前に実施された研修のうち、以下のすべての条件を満たすもの。
●院内研修ではない
●必須研修、ステップアップ研修のテーマに基づいた内容である
●研修時間が90分以上であり、1テーマにつき90分以上実施している
●研修主催者が、以下のいずれかである(※その他は要問合せ)
日本看護協会、日本助産師会、全国助産師教育協議会、日本助産学会、都道府県看護協会、都道府県助産師会
●研修修了証があり、研修名、開催年月日、研修時間数、主催者名の記載がある
※研修承認番号、主催者印、「CLoCMiPの申請に対応する」旨記載があることが望ましい

ステップアップ研修「学術集会」

学術集会には、日本助産評価機構の研修承認番号は必要ありません。

  • 新規申請:
    以下いずれかの学術集会に1回参加してください。
    • 日本助産学会
    • 日本母性衛生学会
    • 都道府県母性衛生学会
    • 日本母性看護学会
    • 日本糖尿病・妊娠学会
    • 日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術集会
    • 日本助産師学会
    • 日本周産期・新生児医学会
    • 日本新生児看護学会
    • 日本母子看護学会
    • 日本母乳哺育学会
    • 日本周産期メンタルヘルス学会
    • 国際助産師連盟(ICM)
  • 更新申請:
    学術集会の指定はありません。関心のある分野の学術集会に参加・発表してください。更新申請区分によって、要件となる参加回数・発表回数が異なりますのでご注意ください。

なお、学術集会は、「プログラムに講演(基調講演、教育講演等)と一般演題発表が含まれる集会」とします。

必須研修「新生児蘇生法(NCPR)」

一般社団法人日本周産期・新生児医学会が運営する新生児蘇生法(NCPR)の講習会は、日本助産評価機構の研修承認番号がないものでも申請に有効です。

ALSOプロパイダーコース

NPO法人周生期医療支援機構が運営するALSO-JapanのALSOプロパイダーコースは、必須研修「分娩期の胎児心拍数陣痛図(CTG)に関する研修」に該当します。日本助産評価機構の研修承認番号がないものでも申請に有効です。

PAGETOP
Copyright © 日本助産評価機構 All Rights Reserved.