第55回日本周産期・新生児医学会学術集会にて、以下の通りシンポジウムを実施いたします。
本シンポジウムは、アドバンス助産師更新要件のウィメンズヘルスケア研修(90分)に該当します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時:
7月14日(日)13:15〜14:45
第55回日本周産期・新生児医学会学術集会(2日目)にて

会場:
松本市総合体育館1F 大会議室(第8会場)
〒390-0801 長野県松本市美須々5-1

内容:
シンポジウム10 「虐待予防に取り組む多職種連携!-多胎育児支援における切れ目のない支援にむけて-」
座長:日本助産評価機構理事 佐山 理絵

1.「周産期から始める子育て支援の有り様」
大阪母子医療センター産科 光田 信明氏

2.「施設における退院支援の取り組み」
名古屋第二赤十字病院/新生児集中ケア認定看護師 八田 恵利氏

3.「多胎児を育てる家族への支援」
日本多胎支援協会/岐阜県立看護大学育成期看護学領域 服部 律子氏

※参加受付方法・参加費等の詳細は、第55回日本周産期・新生児医学会学術集会ウェブサイトにてご確認ください。