この度、研修開催申請から実施報告までを一括管理し、データベースとしても活用していただけるアドバンス助産師プラットフォーム (AMP)研修担当者サイトを開設いたしました。

これに伴い、必須・ステップアップ研修の申請方法が下記の通り変更となりますので、研修主催・企画担当者の皆様におかれましては、ご確認いただけますようお願い申し上げます。
なお、これまで必須・ステップアップ研修の開催申請を受け付けしていた当サイトの研修申請フォームからの申請は、2021年12月31日をもって終了させていただきます。何卒ご了承ください。

<アドバンス助産師プラットフォーム研修担当者サイトでの必須・ステップアップ研修の申請手順>

  1. アドバンス助産師プラットフォーム 研修担当者サイトにログインしてください。
    研修担当者としてユーザー登録をしていない方は、研修担当者登録ページよりユーザー登録をお願いいたします。
  2. 以下のいずれかの方法で、研修主催者を選択します。選択した研修主催者の研修担当者として、必須・ステップアップ研修の開催申請等を行うことができるようになります。

    ①登録履歴のある主催者一覧から選択
    ②主催者名を検索して選択
     検索の際に法人格の入力は不要です。
     例)○○県看護協会、○○県助産師会、○○大学、○○学会
    ③新規登録する
     主催者名が検索結果に表示されない場合は、新規登録してください

  3. 研修を申請します
    新規登録のメニューから、必須・ステップアップ研修申請を選びます。
    登録の前に、研修申請に関する注意事項をお読みください。
    研修情報を登録して、「必須・ステップアップ研修として申請ボタン」をクリックすると申請手続きは完了です。

    ※「開催一覧への表示」欄で「表示する」を選択すると、日本助産評価機構ウェブサイトに研修情報が公開されます。
    掲載される項目は、研修名、研修種別、研修開始日・終了日、開催形態、開催地、主催者名、担当者氏名(任意項目)、連絡先メールアドレス(任意項目)です。登録の際はご注意ください。

  4. 審査結果を確認します
    日本助産評価機構による審査後(1~2週間程度)、申請結果がメールで通知されます。
    研修が承認された場合は、アドバンス助産師プラットフォーム 研修担当者サイトの申請状況・検索のページにて、研修承認番号をご確認ください。
    賛助会員の企業には、研修認定料の請求書を別途メールにてお送りいたしますので、期限内にお振込みをお願いいたします。

    ※差戻しについて
    研修内容の確認、必須研修に該当しないなどの理由で、差戻しとなることがあります。研修が差戻しされた場合は、当該研修のページで理由を確認し、内容の修正、再申請を行ってください。

  5. 実施報告・修了者登録を行います
    研修の開催期間終了後2週間以内に、アドバンス助産師プラットフォーム 研修担当者サイトの当該研修のページから、実施報告と修了者登録を行います。

    ※ご自身の研修担当者アカウントから申請した研修に限り、実施報告登録、修了者の確認、連絡先の修正等が行えます。手順2で選択した主催者の研修であっても、他のアカウントから申請された研修についてこれらの操作はできません。

<アドバンス助産師プラットフォーム研修担当者サイト 機能のご紹介>

  • 研修の新規登録
    必須研修の開催申請、その他の研修を登録
  • 申請状況・検索
    審査結果と研修承認番号の確認、研修主催者が開催する研修を検索
  • 実施報告・修了者登録
    実施報告と修了者を直接登録
  • 研修のQRコード発行
    研修ごとにQRコードを発行します。受講者がQRコードを読み取ることで、当該研修の修了者情報が登録されます
  • お問い合わせ
    サイト内のお問い合わせフォームから、問い合わせが可能です
  • お知らせ
    研修担当者へのお知らせを確認することができます

本件についてのお問い合わせは、下記までメールにてご連絡ください。
日本助産評価機構 研修担当: clocmip3@josan-hyoka.org