協働団体:公益社団法人 日本看護協会・公益社団法人 日本助産師会・一般社団法人 日本助産学会・公益社団法人 全国助産師教育協議会

よくあるご質問

CLoCMiP®レベルⅢ認証(アドバンス助産師)に関する、よくあるご質問を掲載しています。
質問事項をクリックすると回答が表示されます。

研修について

2018年1月1日以降に実施された研修については、
原則、当機構から研修承認番号を付与されている研修が、必須研修に該当します。

2017年以前に実施された研修については、
以下のすべての条件を満たす研修が、必須研修に該当します。
●院内研修ではない
●必須研修のテーマに基づいた内容である
●研修時間が90分以上であり、1テーマにつき90分以上実施している
●研修主催者が、以下のいずれかである
・日本看護協会
・日本助産師会
・全国助産師教育協議会
・日本助産学会
・都道府県看護協会
・都道府県助産師会
※その他の場合は、別途お問い合わせください
●研修修了証があり、以下の記載がある
・研修名
・開催年月日
・研修時間数
・主催者名
※必須ではないが、研修承認番号、主催者印、「CLoCMiPの申請に対応する」旨記載があることが望ましい

ただし、必須研修「メンタルヘルス」については、以下の2研修のみが該当し、これ以外の研修は2017年以前に実施されたものでも認められません。
・日本産婦人科医会主催「母と子のメンタルヘルスケア研修会 入門編」
・日本助産実践能力推進協議会オンデマンド研修「妊娠期から産褥期におけるメンタルヘルスケア」

2019年度まで配信していた日本助産実践能力推進協議会オンデマンド研修「産科における母体救急とその対応」と「常位胎盤早期剥離」は、どちらも必須研修「緊急時の対応」に該当します。いずれか1つを対象期間内に受講していれば本要件達成となります。

日本産婦人科医会主催「母と子のメンタルヘルスケア研修会(入門編)」と、日本助産実践能力推進協議会オンデマンド研修「妊娠期から産褥期におけるメンタルヘルスケア」が該当します。
これ以外の研修は、2017年以前に実施されたものでも認められません。また、日本産婦人科医会主催「母と子のメンタルヘルスケア研修会(基礎編)」も認められませんのでご注意ください。

必須研修「後輩指導・助産師教育」に該当します。

必須研修「分娩期の胎児心拍数陣痛図(CTG)に関する研修」に該当します。
日本助産評価機構の研修承認番号はありませんが、申請に有効です。

ただし、以下の場合は申請に有効ではありません。
・プロバイダーコース以外(インストラクターコース等)の受講
・アシスタントやインストラクターとしてALSOプロバイダーコースに参加
・ALSOプロバイダー認定資格の更新

必須研修「緊急時の対応」に該当します。日本助産評価機構の研修承認番号はありませんが、申請に有効です。ただし、他のコースは必須研修に該当しません。

施設内承認・実施例数承認について

CLoCMiP®レベルⅢの能力を有していることを、ポートフォリオ(自身の実践記録)を使って説明するなどして、現所属施設の看護部長や施設長から承認を受けてください。

前職場での勤務実態を把握し、実際に証明できる元上司・元同僚などにポートフォリオ(自身の実践記録)を使って説明し、承認を受けてください。

アドバンス助産師プラットフォームからダウンロード可能です。
施設内承認書のCLoCMiPレベルⅢ評価欄は、「申請TOP」ページの入力内容が反映されます。
実施例数承認書は、「実施例数の記録(申請用)」ページの入力が完了し、実施例数要件がすべて達成済みになるとダウンロード可能になります。

申請書類・修了証について

必須研修の修了証には、以下の記載が必要です。

【2018年1月1日以降に実施された必須研修の場合】
・研修テーマ(必須研修の項目名)
・研修承認番号(日本助産評価機構が付与したもの)

【2017年以前に実施された必須研修の場合】
・研修名
・開催年月日
・研修時間数
・主催者名
・研修承認番号(ある場合)

実施日が2018年1月1日以降の必須研修の場合は、研修承認番号の記載が必要ですので、認められません。
実施日が2017年以前の必須研修の場合は、研修承認番号の記載がない修了証でも認められます。

認められます。

認められます。

認められます。

参加した学術集会主催者に、参加証の再発行を依頼してください。
再発行できない場合は、参加ネームカード、学会参加費の領収書、所属組織発行文書(勤務先病院などが学会参加を出張として認めたという公印付きの証明書。書式は任意)を参加証明書類として認めます。

研修受講履歴証明書(日本看護協会長名)、研修修了証明書(看護研修学校長名)、研修受講証明書(看護研修学校長名)が認められます。

認められません。
日本看護協会のオンデマンド研修を施設向け配信で受講した場合は、施設が手続きを行い、かつ申請者が発行手数料を支払うことで、申請者個人の修了証が日本看護協会会長名で発行されます。こちらの修了証のみが認められます。
なお、2014年度分はシステムが搭載されていなかったことから個人の修了証を発行することができません。この場合は、新たに研修を受講してください。

更新申請について

2017年9月1日から2022年申請締切日までに受講した研修が有効です。学術集会についても同様です。

指定はありません。更新申請では、学術集会であれば分野を問わず有効です。なお、本機構では学術集会の定義を「プログラムに、講演(基調講演や教育講演等)と、一般演題発表が含まれている集会」としています。演題数や内容については問いません。

やむを得ない理由で更新できない場合は、更新時期延長申請ができます。詳細は、更新時期延長申請ページをご覧ください。

認証を喪失した場合

過去にアドバンス助産師の認証取得経験があり現在は認証を喪失された方は、再認証申請により認証の再取得が可能です。
再認証申請は、要件を満たした任意の年に行っていただけます。
直近約5年の実績で、再認証申請要件(同年の更新申請要件と共通)を満たして申請してください。

再認証申請の詳細は、こちらページでご確認ください。

過去にアドバンス助産師の認証取得経験がある方が、新規申請を行うことはできません。
認証の再取得をご希望の場合は、再認証申請を行ってください。

再認証申請の詳細は、こちらページでご確認ください。

アドバンス助産師プラットフォームのログインについて

アドバンス助産師プラットフォームのログインIDは、登録メールアドレスです。
登録メールアドレスは、登録メールアドレス確認ページから確認できます。氏名・ふりがな・生年月日を入力すると、登録メールアドレスに確認メールが送信されます。

パスワード再設定リクエストページより、パスワード再設定手続きを行ってください。
登録メールアドレスにパスワード再設定用のメールが送信されます。

入力内容が登録情報と一致しない場合、エラーとなりパスワード再設定メールが送信できませんのでご注意ください。初回ログインの場合、認証申請時の情報が登録されています。

登録メールアドレスを現在使用できず、パスワード再設定用のメールを受信できない場合は、メールアドレス変更手続きが必要です。お問い合わせフォームからご連絡ください。

なお、旧「CLoCMiP認証申請システム」でパスワードを設定済みの場合は、同パスワードでログインできます。

以下の点をお確かめください。

(1)パスワード再設定リクエストページでは、本システムの登録情報を入力してください。登録情報と一致しない場合、エラーとなりパスワード再設定メールが送信されません。
初回ログインの場合、認証申請時の情報が登録されています。旧姓で登録されているが新姓を入力している、登録メールアドレスを間違っている等の場合はエラーとなりますのでご注意ください。

(2)登録メールアドレスを現在使用できず、パスワード再設定用のメールを受信できない場合は、メールアドレス変更手続きが必要です。お問い合わせフォームからご連絡ください。

(3)半角/全角の入力ミスにお気を付けください。新しいパスワードは『半角』英数文字で入力してください。また、新しいパスワードは、10文字以上で英字・数字の両方を使用したものを入力してください。

(4)有効なパスワード再設定画面を開いているかご確認ください。パスワード再設定用メールに記載されたURLの有効期限は24時間です。24時間経過後も画面を開くことはできますが、正しい値を入力してもエラーとなり再設定できません。再度、パスワード再設定リクエストページからやり直してください。
また、パスワード再設定リクエストを複数回行うと、都度パスワード再設定用のメールが送信されますが、最新のもの以外はシステム上無効となり使用できません。

その他

アドバンス助産師プラットフォームにログインし、プロフィールページを更新してください。その他の方法では、受け付けできません。

郵送申請は受け付けておりません。

試験だけ受けることはできません。翌年以降に新たに申請してください。

事前の届出は不要です。書類審査結果発表後、アドバンス助産師プラットフォームのプロフィールページからお名前を新姓にご変更ください。

PAGETOP
Copyright © 一般財団法人 日本助産評価機構 All Rights Reserved.