どちらもステップアップ研修「出血時の対応に関する研修」に該当します。どちらか一方を受講すれば、本要件達成とします。